一人っ子政策の申し子「80後(パーリンホウ)」

中国では人口抑制を目的に、1978年から「一人っ子政策(计划生育/ jìhuà shēngyù)」が敷かれていることはよく知られています。これによって中国の新世代は原則、すべて一人っ子(独生子女/ dúshēngzǐnǚ)になりました。中国の両親たちがひと粒種にかける期待と愛情は大きく、この間、経済的に潤ったことも相まって、子どもたちは甘やかされた末に「小皇帝(xiǎohuángdì)」などと呼ばれています。その第一世代、80年代生まれの若者は「80後(パーリンホウ…中国語では“80后/ bālínghòu”)」とセグメントされ、社会的にさまざまな意味で注目を浴びています。恵まれた経済環境、屈託なき消費への意欲、好奇心の旺盛さから今後、中国の消費をけん引する存在としても各業界から期待されています。





中国の経済成長とともに育ってきた彼らは、貧しさも苦労も知らないという点で、それまでの世代とは大きく異なるパーソナリティを有しています。結果、わがまま(自私/zìsī)で打たれ弱く(软弱/ruǎnruò)、流行に敏感(赶时尚/gǎn shíshàng)で、伝統的観念にとらわれず、他人とは異なった個性(另类/ lìnglèi…直訳では「違う種類」を意味し、多数派と異なりユニークであることを意味する)を重視する…そんなイメージでくくられています。また、80後世代特有の存在として「宅男(zháinán/オタク)」「蚁族(yǐzú/ワーキングプア)」「啃老族(kěnlǎozú /パラサイトシングル)」なども社会的に認知されています。

しかし、経済的に豊かだからと言って彼らがけっして幸せということではなく、両親からの過度の期待による重圧や、予測のつかない将来に対する不安など、大きなストレスを抱えているのも事実です。こうした要素が彼らから夢やバイタリティを奪い、刹那的な生き方に導いている気がしてなりません。

では、関連ニュースから80後についての例文をご紹介します。

Zài xǔduō rén kànlái, bālínghòu shì wēnshì lǐ zhǎngdà de xìngfú yīdài, dàn diàochá xiǎnshì, tāmen de xìngfúgǎn què pǔbiàn bù qiáng, guò bàn zì rèn yā lì dà yú qīínghòu.
多くの人は「80後」を温室育ちの幸せな世代と考えているが、調査によると、彼らは一様にそれほど幸福感を感じておらず、半数以上が70年代生まれの世代よりも大きなストレスを抱えていると考えている。
※「在许多人看来」は「多くの人の考えでは」。「许多」は「很多」と同じ意味、「看来」は「~と見る、みなす」という意味です。「长大」は「成長する」、「温室里」の「里」は「~の中で」という意味ですから、「温室里长大」は「温室で育つ」ということです。「他们的幸福感却普遍不强」の「却」は「予想に反して、意外にも」というニュアンスを文章に与えます。「普遍」は「全体的に」。「过半自认压力大于70后」の「过半」は「过半的80后」を省略した主語です。「自认」は「自己认为」、「自ら~と考えている」。「压力」は頻出単語。ストレスやプレッシャーという意味です。「大于」の「于」は比較を表し、後ろにつくものと比較して「~より××である」という意味を作ります。「压力大于70后」で、「プレッシャーは70年代生まれより大きい」です。これは「压力比70后大」と言い換えることができます。

Zhùfáng、hūnliàn、jìngzhēng yālì、fùmǔ shànyǎng děng, gòuchéng le bālínghòu qīngnián pǔbiàn miànlín de xiànshí jiāsuǒ.
住宅、恋愛と結婚、競争へのプレッシャー、両親の介護などが、「80後」の若者が普遍的に向き合っている現実の足かせである。
※「构成」は「構成する、形作る」。この場合は、「住居などの要素が、80後世代の足かせを形作っている」ということです。「面临」は直面する。「枷锁」は「束縛、抑圧」という意味です。

愛玉先生の中国語ネイティブ化計画(無料中国語講座コラム)一覧

すべての発音が収録されています。我是日本人

  1. 第1回通じる中国語の最優先事項「大きな声で、はっきりと!」 
  2. 第2回最難関!そり舌音(zhi・chi・shi・ri)の攻略法 
  3. 第3回中国でも感染広がる「新型インフルエンザ」 
  4. 第4回譲りあいをしない中国人に「让一下/どいてください」 
  5. 第5回ニセモノ商品に気をつけろ! 
  6. 第6回日常に定着した基本広東語 
  7. 第7回「ありがとう」「ごめんなさい」は頻出フレーズ? 
  8. 第8回日本オタク文化強し!中国語になった「萌え」 
  9. 第9回続・そり舌音(ri)の攻略法 
  10. 第10回言わないと出てこない「冷えたビールください」 
  11. 第11回「摇头丸」って何?日中芸能界に広がる薬物汚染 
  12. 第12回女性の美をほめる言い回しあれこれ 
  13. 第13回店頭・広告でよく見る「売れ筋」アピールの常用語 
  14. 第14回フルネームで呼び捨て!?中国人の名前の呼び方 
  15. 第15回これにて仕上げ!そり舌音の無理ない攻略法 
  16. 第16回実は日本語がいっぱいの現代中国語、そのわけは?-その1- 
  17. 第17回実は日本語がいっぱいの現代中国語、そのわけは?-その2- 
  18. 第18回「もうすぐだから!」時間の概念を変えよう 
  19. 第19回スマートなごちそうのされかた 
  20. 第20回スキャンダラス事件につけられるタイトル「○○門」 
  21. 第21回歌うような中国語はナチュラルじゃない―その1― 
  22. 第22回歌うような中国語はナチュラルじゃない―その2― 
  23. 第23回「安くして!」だけが能じゃない、効果的な値切り方 
  24. 第24回日本より旺盛?ネット発の社会現象―その1― 
  25. 第25回日本より旺盛?ネット発の社会現象―その2― 
  26. 第26回「わたしはこう思う」自分の意見を述べる 
  27. 第27回中国語の「ムード」を身につけることが上達の近道 
  28. 第28回「スゴイ!」驚きを表現するライブ感たっぷりのスラング 
  29. 第29回性格を表現する言い回しあれこれ―その1― 
  30. 第30回性格を表現する言い回しあれこれ―その2― 
  31. 第31回性格を表現する言い回しあれこれ―その3― 
  32. 第32回中国でも晩婚化が進んでいる 
  33. 第33回気になる人へのアプローチはじめの一歩 
  34. 第34回意外と違う!中国の中国語と台湾の中国語 
  35. 第35回旧正月直前!「新年おめでとう」の挨拶集 
  36. 第36回オフィスワークで必須のパソコン用語―その1― 
  37. 第37回オフィスワークで必須のパソコン用語―その2― 
  38. 第38回お誘いを遠回しに断る 
  39. 第39回旬のニュースに学ぶ裁判用語 
  40. 第40回季節の変わり目、体調不良の時は―その1― 
  41. 第41回季節の変わり目、体調不良の時は―その2― 
  42. 第42回一人っ子政策の申し子「80後(パーリンホウ)」 
  43. 第43回「清明節」国民的行事にも地域差さまざま 
  44. 第44回新居の入居後はトラブルがいっぱい! 
  45. 第45回タクシーを乗りこなす 
  46. 第46回日本語と中国語で意味が違う!似て非なる単語集―その1・初級編― 
  47. 第47回日本語と中国語で意味が違う!似て非なる単語集―その2・上級編― 
  48. 第48回上海万博の前途多難…噴出する盗作問題 
  49. 第49回ビジネスにつかえるメールの定型文―その1― 
  50. 第50回ビジネスにつかえるメールの定型文―その2― 
  51. 第51回言葉を濁す―中国語の婉曲表現― 
  52. 第52回心のこもったお別れの言葉 

愛玉■中国語翻訳者、ライター。 重慶大学漢語進修課程で中国語を学ぶ。その後、上海で日本人向けフリーペーパーの編集、美容業界誌の中国語版立ち上げなどに携わる。中国在住経験は4年。現在、中国ニュースの翻訳や中国関連の執筆などを行う。得意分野は中国グルメ、中華芸能。北京語言大学主催のC.TEST(実用中国語レベル認定試験)Aレベル取得。
ご意見・ご感想・コラムへのリクエストはこちらまで、お気軽にどうぞ。