「わたしはこう思う」自分の意見を述べる

仕事をしていたり友人づきあいをしていれば、日常のここかしこで自分の意見を求められるシーンに遭遇します。とくに、外国では「こちらの意見を察してほしい」「なあなあで行こう」という日本的感覚は通じませんので、自分の意見ははっきりと伝えなければなりません。そこで今回は、「わたしはこう思う」と自分の考えを伝える言い方についてご紹介します。





「わたしは~思う」の「思う」という言いまわしでは、いくつかの動詞を当てはめることができます。自分の意見の主張度・真偽の確実性・主観性などの具合によって使い分けがありますから、ここで考察してみましょう。

もっとも幅広く使うことができるのは「想(xiǎng)」です。口語で常用し、ちょうど英語の「think」にあたるオールマイティな動詞です。ただ、ここで言う「思う」は多くの場合、自分の主観的な考えや感情にもとづくものであり、根拠や合理性に欠ける場合があります。例文としては以下のとおりです。

Wǒ xiǎng tā kěndìng huì lái de.
彼はきっと来ると思います。
※「彼が実際に来るか来ないか?」は、彼自身が現れるまで、誰にもわかりません(彼自身が「絶対に行きます」と断言するのを直接聞いた、などの場合は別ですが)。来るはずの彼が来ない…しかし、彼の性格や普段の行動、また現在の彼の状況などを慮りつつ、きっと来るのではないか?とする主観的な意見として、このセンテンスは使います。

「わたし個人はこのように見ている」と、主観的な判断を示す場合は「看(kàn)」が使われます。こちらも非常に口語的表現です。英語で言えば「regard(~とみなす)」に相当するでしょうか。この場合、客観的な根拠がなくても使える言い回しです。例文としては以下のとおりです。

Wǒ kàn míngtiān búhuì xiàyǔ.
明日は雨は降らないと思います。
※明日の天気について、誰も絶対的なことを言うことはできません。しかし、天気予報を見た、あるいは、ここ数日間の天気の移り変わりや、これまでに経験した過去のパターンからすると、おそらく雨は降らないのではないか…当てずっぽうではありますが、話者自身の主観的な判断として「降らない」と信じている場合、「看」を使います。場合によっては、「絶対に降ってほしくない」という話者の希望的観測も含まれるように思います。

估计 (gūjì)」は「おそらく~であろう」という推測の表現です。英語で言えば「estiate(見積もる)」といったニュアンスでしょうか。主張は必ずしも強くありませんが、客観的材料に基づく意見を述べる場合はこれを使います。例文としては以下のとおりです。

Wǒ gūjì míngtiān nénggòu wánchéng zhèxiàng gōngzuò.
明日にはこの仕事を終わらせることができると思います。
※現在の業務の進行状況や効率、人手、ペース配分など客観的情報を考慮にいれ、「おそらく問題なく終わるだろう」と見積もったこの場合、「估计」を使います。ただし、なんらかの不測の事態が発生した場合はこの限りではないので、「あくまで推測の域である」というニュアンスが含まれているのです。

「わたしは~のように考えている」客観的な根拠をもとに、熟慮した末に出した比較的確実性の高い意見、あるいは明確な主張を表す意見の場合は「认为(rènwéi)」を使います。英語では「consider(~と考える、考察する)」に相当するでしょうか。

Wǒ rènwéi tā de nàzhǒng xiǎngfǎ shì cuòwù de.
彼のそういう考え方は間違っていると思う。
※社会常識・慣習やモラル、彼を取り巻く状況や因果関係、彼の考え方が周囲に及ぼす影響やその考え方が招くであろう結果などを客観的に判断し、また考察を重ねた上で、「誤り」であると判断し、それをきっぱりと断定するニュアンスです。客観的思考を経つつ、ゆるぎない主張を伝えています。

つまり、この4つの「思う」は、口語的表現か文語的表現かに分けると前者が「想」「看」後者が「估计」「认为」、主観性と客観性の強さで分けると前者が「想」「看」後者が「估计」「认为」、主張の強さで分けると強いのが「看」「认为」さほど強くないのが「想」「估计」ということになります。

また、相手に意見を求める言い方についでですが、「你看怎么样?(Nǐ kàn zěnmeyàng)」「你怎么想?(Nǐ zěnme xiǎng)」などがあります。いずれも、「どう思う?」と問いかける言い回しです。

愛玉先生の中国語ネイティブ化計画(無料中国語講座コラム)一覧

すべての発音が収録されています。我是日本人

  1. 第1回通じる中国語の最優先事項「大きな声で、はっきりと!」 
  2. 第2回最難関!そり舌音(zhi・chi・shi・ri)の攻略法 
  3. 第3回中国でも感染広がる「新型インフルエンザ」 
  4. 第4回譲りあいをしない中国人に「让一下/どいてください」 
  5. 第5回ニセモノ商品に気をつけろ! 
  6. 第6回日常に定着した基本広東語 
  7. 第7回「ありがとう」「ごめんなさい」は頻出フレーズ? 
  8. 第8回日本オタク文化強し!中国語になった「萌え」 
  9. 第9回続・そり舌音(ri)の攻略法 
  10. 第10回言わないと出てこない「冷えたビールください」 
  11. 第11回「摇头丸」って何?日中芸能界に広がる薬物汚染 
  12. 第12回女性の美をほめる言い回しあれこれ 
  13. 第13回店頭・広告でよく見る「売れ筋」アピールの常用語 
  14. 第14回フルネームで呼び捨て!?中国人の名前の呼び方 
  15. 第15回これにて仕上げ!そり舌音の無理ない攻略法 
  16. 第16回実は日本語がいっぱいの現代中国語、そのわけは?-その1- 
  17. 第17回実は日本語がいっぱいの現代中国語、そのわけは?-その2- 
  18. 第18回「もうすぐだから!」時間の概念を変えよう 
  19. 第19回スマートなごちそうのされかた 
  20. 第20回スキャンダラス事件につけられるタイトル「○○門」 
  21. 第21回歌うような中国語はナチュラルじゃない―その1― 
  22. 第22回歌うような中国語はナチュラルじゃない―その2― 
  23. 第23回「安くして!」だけが能じゃない、効果的な値切り方 
  24. 第24回日本より旺盛?ネット発の社会現象―その1― 
  25. 第25回日本より旺盛?ネット発の社会現象―その2― 
  26. 第26回「わたしはこう思う」自分の意見を述べる 
  27. 第27回中国語の「ムード」を身につけることが上達の近道 
  28. 第28回「スゴイ!」驚きを表現するライブ感たっぷりのスラング 
  29. 第29回性格を表現する言い回しあれこれ―その1― 
  30. 第30回性格を表現する言い回しあれこれ―その2― 
  31. 第31回性格を表現する言い回しあれこれ―その3― 
  32. 第32回中国でも晩婚化が進んでいる 
  33. 第33回気になる人へのアプローチはじめの一歩 
  34. 第34回意外と違う!中国の中国語と台湾の中国語 
  35. 第35回旧正月直前!「新年おめでとう」の挨拶集 
  36. 第36回オフィスワークで必須のパソコン用語―その1― 
  37. 第37回オフィスワークで必須のパソコン用語―その2― 
  38. 第38回お誘いを遠回しに断る 
  39. 第39回旬のニュースに学ぶ裁判用語 
  40. 第40回季節の変わり目、体調不良の時は―その1― 
  41. 第41回季節の変わり目、体調不良の時は―その2― 
  42. 第42回一人っ子政策の申し子「80後(パーリンホウ)」 
  43. 第43回「清明節」国民的行事にも地域差さまざま 
  44. 第44回新居の入居後はトラブルがいっぱい! 
  45. 第45回タクシーを乗りこなす 
  46. 第46回日本語と中国語で意味が違う!似て非なる単語集―その1・初級編― 
  47. 第47回日本語と中国語で意味が違う!似て非なる単語集―その2・上級編― 
  48. 第48回上海万博の前途多難…噴出する盗作問題 
  49. 第49回ビジネスにつかえるメールの定型文―その1― 
  50. 第50回ビジネスにつかえるメールの定型文―その2― 
  51. 第51回言葉を濁す―中国語の婉曲表現― 
  52. 第52回心のこもったお別れの言葉 

愛玉■中国語翻訳者、ライター。 重慶大学漢語進修課程で中国語を学ぶ。その後、上海で日本人向けフリーペーパーの編集、美容業界誌の中国語版立ち上げなどに携わる。中国在住経験は4年。現在、中国ニュースの翻訳や中国関連の執筆などを行う。得意分野は中国グルメ、中華芸能。北京語言大学主催のC.TEST(実用中国語レベル認定試験)Aレベル取得。
ご意見・ご感想・コラムへのリクエストはこちらまで、お気軽にどうぞ。