お名前は?

今回は自己紹介に関するフレーズとして、名前を尋ねあう受け答えを学びましょう。





■会話
A:你贵姓?
Nǐ guì xìng?
あなたは何さんでいらっしゃいますか?(直訳:あなたの苗字は何ですか?)

B:我姓张。你呢?你贵姓?
Wǒ xìng Zhāng. Nǐ ne? Nǐ guì xìng?
わたしは張です。あなたは?何さんでいらっしゃいますか?

A:我姓李,名字叫佳佳。你叫什么名字?
Wǒ xìng lǐ, míngzi jiào Jiājiā. Nǐ jiào shénme míngzi?
わたしは李です、名前は佳佳です。あなたのお名前は?

B:我叫大伟。以后就叫我大伟吧。
Wǒ jiào Dàwěi. Yǐhòu jiù jiào wǒ Dàwěi ba.
わたしは大偉です。これからは大偉と呼んでください。

A:好吧。大伟,你是学生吗?
Hǎo ba. Dàwěi, nǐ shì xuésheng ma?
わかりました。大偉、あなたは学生ですか?

B:是,我是大学生。
Shì, wǒ shì dàxuésheng.
はい、大学生です。

A:认识你很高兴。
Rènshi nǐ hěn gāoxìng.
お会いできてうれしいです。

B:我也很高兴。
Wǒ yě hěn gāoxìng.
わたしもとてもうれしいです。


■単語
(guì/形容詞):(接頭辞)相手への敬意を示す ※日本語の「お」にほぼ相当。「お名前」の「お」、「御社」の「御」など。
(xìng/動詞):~という姓である
(jiào/動詞):~という名前である、(名前を)~と呼ぶ
什么(shénme/代名詞):何、どんな(=英語のwhatに相当)
名字(míngzi/名詞):名前、氏名
(jiù/副詞):すぐに、ただちに
(shì/動詞):~である(=英語のbe動詞に近い)
学生(xuésheng/名詞):学生
认识(rènshi /動詞):知り合う、見知っている
高兴(gāoxìng/形容詞):うれしい、楽しい

■注目フレーズ1:「私の名前は~です」
今回は名前を尋ねる/名乗るフレーズに2種類が出てきました。
苗字を尋ねる/名乗るフレーズと、名前(ファーストネーム、あるいはフルネーム)を尋ねる/名乗るフレーズです。

贵姓(guì xìng)?」は苗字のみを尋ねる疑問文で、これは相手を敬うていねいな尋ね方。
ビジネスの場などでは最も無難なフレーズとなります。
ただし、「贵姓?」は現在会話している相手の姓を尋ねる時にしか使えません。第三者の姓を尋ねる時には「姓什么(xìng shénme)?」となります。
これに対する回答は「我姓张(Wǒ xìng Zhāng)」のように、姓のみを名乗ることになります。

「姓」という動詞を「叫(jiào)」という動詞に置き換えると、ファーストネーム、あるいはフルネームを尋ねることになります。
你叫什么名字(Nǐ jiào shénme míngzi)?」の「名字」は、ファーストネーム、あるいはフルネーム両方にあてはめることができるのです。
ですから、これに対する回答は、「我叫大伟(Wǒ jiào Dàwěi)」「我叫张大伟(Wǒ jiào Zhāng Dàwěi)」どちらでも結構です。
你叫什么名字?」は「你叫什么?」としても大丈夫です。

■注目フレーズ2:初対面で使う「お会いできてうれしいです」
认识你很高兴(Rènshi nǐ hěn gāoxìng)」―英語の「Glad to see you」「Nice to meet you」です。
初対面で、知り合えた喜びを伝えるフレーズ。日本語では「お会いできてうれしいです」よりも、「よろしくお願いします」のほうが使われますが、これは非常に日本的な発想。
「よろしくお願いします」は、強いて言えば「初次见面,请多关照(Chūcì jiànmiàn, qǐng duō guānzhào /はじめまして、よろしくご面倒に預かります)」などとなるのですが、あまり自然な言い方ではないですし、少しよそよそしい言い方かも知れません。

■文法:「就」の使い方
以后就叫我大伟吧(Yǐhòu jiù jiào wǒ Dàwěi ba)―これからは大偉と呼んでください」というフレーズが会話に出てきました。
以后」は「今後」、「叫」は「名前を呼ぶ」、「我」は「わたし(を)」、「大伟=わたしの名前」、「吧」は「~してくださいね(語気詞)」……という構成ですが、なぜ「以后叫我大伟吧」ではなく、「以后“就”叫我大伟吧」なのでしょう?途中にはさまってる「就」は何なのでしょう?

「就」は動詞の前について「すぐに、ただちに~する」という意味をつくります。
この場合は厳密に言うと、「あなたはわたしの名前を知った、まさにこの瞬間から今後はずっと、“大偉”と呼んでください」というような意味になります。
つまり、英語で言う「from now on」に相当するのですが、こうした「就」の使い方は日本語にはない発想なので、どういった場合に使えばいいのか、なかなか分かりづらいと思います。これはたくさんの事例に触れて行くうちに、自然と使いこなせるようになりますので、あせらずにじっくり慣れていくことにしましょう。

●学習チェックテスト
【問1】次のピンインを漢字に直して日本語訳しましょう。
(1) nǐ guì xìng?

(2) wǒ shì dà xué shēng.

(3) rèn shí nǐ hěn gāo xìng.


【問2】次の文の間違いを直しましょう。
(1) 我的名字说佳佳。

(2) 她看起来非常的漂亮。

(3) 你还是看看一下吧。


【問3】次の日本語を中国語に訳してみましょう。
(1) お名前は何ですか?

(2) あなたは大学生ですか?

(3) はじめまして。


●解答
【問1】
(1) 你贵姓?
(2) 我是大学生。
(3) 认识你很高兴。

【問2】
(1) 我的名字叫佳佳。
(2) 她看起来非常漂亮。
(3) 你还是看一下吧。

【問3】
(1) 您贵姓?
(2) 你是大学生吗?
(3) 初次见面。

無料中国語会話テキスト一覧

すべての発音が収録されています。你好吗?

  1. 第1回こんにちは 
  2. 第2回お元気ですか? 
  3. 第3回お忙しいですか? 
  4. 第4回【お役立ち単語集】家の中のさまざまな生活用品 
  5. 第5回お名前は? 
  6. 第6回今日は何月何日? 
  7. 第7回ご紹介します 
  8. 第8回何人家族ですか? 
  9. 第9回【お役立ち単語集】最低限、抑えておきたい基本ボキャブラリー―その1― 
  10. 第10回いま何時? 
  11. 第11回お家はどこですか? 
  12. 第12回試着室はどこ? 
  13. 第13回【お役立ち単語集】最低限、抑えておきたい基本ボキャブラリー―その2― 
  14. 第14回ビールを買いたいのです 
  15. 第15回乗り換えないとなりません 
  16. 第16回セーターが欲しいです 
  17. 第17回【お役立ち単語集】中華料理の名称―その1― 
  18. 第18回両替をしに行きます 
  19. 第19回国際電話はかけられますか? 
  20. 第20回北京ダックを食べたことがありません 
  21. 第21回【お役立ち単語集】中華料理の名称―その2― 
  22. 第22回シャブシャブを食べに 
  23. 第23回よくいらっしゃいました 
  24. 第24回母のおみやげをお持ちしました 
  25. 第25回【お役立ち単語集】代表的な数量詞 
  26. 第26回今後の我々に乾杯! 
  27. 第27回折り返しお電話させましょうか? 
  28. 第28回行きたいのですが… 
  29. 第29回【お役立ち単語集】動詞と目的語を引き離す“離合詞”ってなに? 
  30. 第30回ごめんなさい 
  31. 第31回残念です 
  32. 第32回今日の服装はほんとうにステキですね 
  33. 第33回【お役立ち単語集】病気・症状・病院関連の基本用語 
  34. 第34回おめでとう! 
  35. 第35回タバコやめたら? 
  36. 第36回今日は昨日より暑いです 
  37. 第37回【お役立ち単語集】夏休み直前! トラベル基本単語―その1― 
  38. 第38回【お役立ち単語集】夏休み直前! トラベル基本単語―その2― 
  39. 第39回彼女ほどではありません 
  40. 第40回どのくらい中国語を勉強していますか? 
  41. 第41回おみやげを買って送りたい 
  42. 第42回【お役立ち単語集】日本人が言いたい「気づかい」、日本人が言いにくい「断り」 
  43. 第43回もう売り切れました 
  44. 第44回部屋は空いていますか? 
  45. 第45回頭が痛いです 
  46. 第46回【お役立ち単語集】センテンスに肉づけをする副詞 
  47. 第47回少しよくなりましたか? 
  48. 第48回帰国することになりました 
  49. 第49回ほんとうに名残惜しいです 
  50. 第50回荷物はここで預けますか? 
  51. 第51回待っていました 
  52. 第52回道中ご無事で! 

愛玉■中国語翻訳者、ライター。 重慶大学漢語進修課程で中国語を学ぶ。その後、上海で日本人向けフリーペーパーの編集、美容業界誌の中国語版立ち上げなどに携わる。中国在住経験は4年。現在、中国ニュースの翻訳や中国関連の執筆などを行う。得意分野は中国グルメ、中華芸能。北京語言大学主催のC.TEST(実用中国語レベル認定試験)Aレベル取得。
ご意見・ご感想・コラムへのリクエストはこちらまで、お気軽にどうぞ。